戸建て住宅よりも厄介?賃貸物件のアンテナ事情

集合住宅のアンテナ工事はより専門的

故障と疑う前にするべきこと

いきなりテレビが映らなくなった時、故障かと思う前にまずチェックするべきことがあります。
とりあえず、コードが抜けていないかどうかはまず最初に確認しますよね。他にもB-CASカードがきちんと差し込まれているかどうかも確認ポイントです。特に小さいお子さんがいらっしゃるご家庭では、お子さんが知らずにカードをいじっていることもよくあることです。私も数年前はよくやられてました。
子供というものは、なぜかコードやカードなど自分の目についたものをいじる習性があるので、対策としてはカバーをつけたりコードを目につかないようにすることくらいです。
これらが問題なく、電源は入るがテレビが映らない場合はおそらく画面にエラーコードが表示されていると思うので、そのエラーコードを確認してから対応しましょう。ネットで検索すればその対処法が分かります。

苦情を言う前にするべきこと

私の経験上、何をどうしても映らない場合は一旦テレビを切ってしばらくしてからつけると問題なく映る場合もよくあります。雨風がひどい日などは一時的に電波障害を起こすこともあるようなので、天気なども考慮して焦らず対応することが重要です。丁度その時間に観たい番組があって焦る気持ちも分かりますが、その場合は潔くあきらめましょう。焦って大家さんに連絡する方が後々厄介なこともあります。
そして一通り自分で対応してからどうしても映らないということになってから初めて大家さんに連絡しましょう。その際に、ただ映らないと苦情を言うのは避けた方が賢明です。コードの配線などの問題など、マンションではなく自分達側の問題であった時に引っ込みがつかなくなってしまうこともあります。
テレビが映らないということと自分で対応したことなど、事実のみを伝えるようにしましょう。


この記事をシェアする